ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< September 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
中古レコード オークションにはまる
ひさしぶりのブログ更新です。8月からいままで、プライベートでなにか特別なことがおきたわけでは ないのですが、家でブログを書く時間にはまってしまったのがあって、手が出なかったというのが本当のところです。

というのも、最近特にはまっているのがネットオークション。私自身ははじめてオークションに参加したのが2001年です。思いついたようにしか参加していなかったのですが、中古LPに目をむけてしまって以来、はまってしまっています。
確かにネットオークションで中古LPを手に入れるのはリスクはあります。CDのような非接触のディスクとは違って針を使って音を出すものですから、所有者が何回ほど聞いたのか、盤面に傷がないか、そりはないか、ジャケットのしみや痛みはないかなど、気になればいろいろ出てきます。
ですが、これは中古レコード屋さんでもおなじと割り切っています。中古レコード屋でみても、せいぜい盤面の状態、ジャケットの状態がさらによくわかる程度ですし。ネットオークションでも、写真であるていどわかるし、盤面の状態も結構正確に情報として書いてくれている人がおおいので、参考にしています。

中古レコード屋さんに行くにも交通費かけていって、お目当てのものがないときや、高すぎて躊躇すること考えると、ネットでときどきほしいのが出るのをのんびり待ちながら、買うというのもいいかなと思います。

さらに、最近は手を広げて海外のネットオークションも参加しています。さすがにすべて英語ですが、日本でのオークションの仕組みとほとんど変りませんし、かえって便利なところはあります。
たとえば、カード支払いがほとんどOKなこと。また日本だけと違って出品者がアメリカ、ヨーロッパとオリジナルレコードの多い場所のため、出品数も多いです。それだけレアなものや貴重なものも出てくる可能性があります。最近も有名女性バイオリニストのサイン付LPや帝王とよばれた指揮者のサイン付LPも出品されていたりします。
私自身はさすがにそのような貴重品まで蒐集するコレクターではないです。というのもさすがにそうのようなものは、落札価格はひじょうに高くなるため手が出ないというのが本当のところです。

ただ海外からの発送のため送料が高くつき、届くまで結構な時間がかかるのが残念ですね。このため、商品がダメージ受けたり、ロストする可能性もあります。今のところ、落札したものは、現在輸送中(のはず)のため、届くのがいつごろになるかと見届けているところです。
(海外から個人輸入してましたけど、大体2週間みておけばいいかなと思っています。輸送方法、エア便などにもよりますが)

| gicorin | ソフト | 22:22 | comments(0) | trackbacks(0) |