ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< October 2006 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
のだめ、ドラマになる
とうとうこの10月から月曜9時のドラマになりましたね。

詳しいキャストはフジテレビのHPにありますが、私自身はドラマの人間模様より、オーケストラで音楽を作りこむ過程や、オーケストラの裏側について興味がわきます。
なかなかこういうところは、普段CDなどで音楽を聴くだけでは知りえないところでしょうし、本などになっている文字だけの情報ですので、このドラマのように生身の人間が演奏していく過程で、曲を完成していくのは面白そうです。

コミックのほうは15巻まで、発売されました。先のアメリカ出張の際には出発日に早速買って、電車の中で読んでいきました。
nodame15

コミック単行本として、発売されるのが約半年に1回なので、前の巻を思い出すのに苦労しますが、オーケストラの成長が書かれていく、現在の流れは面白いですね。
コミックのほうはフランス編というか、第2部の話なので、ドラマの国内での話とは時間のギャップがあります。

ドラマでは予算の関係から、国内編だけの話でしょうね。フランス編までなったら、フランスのオーケストラを構成しなければいけないし、フランスでの撮影が主になるでしょうから、大変だろうと思います。

ギャグの要素をそのまま実写でやっているから、相当なおばかドラマに見えますが、そこは楽しむようにしています。
それにしても久しぶりにテレビドラマ見てます。

ドラマの主役の上野樹里ですが、始まる前にいろいろ言われていましたが、結構、はまり役のように感じます。映画のスイングガールズでは、怠け者だけど、はまったらとことんやる女子高生でしたけど、今回もひとつの代表作になるかも。
| gicorin | ひとりごと | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
スーツケースが見つかるが、・・・
コンチネンタルのBaggage claimの事務所にて、こんな書類をもらいました。
これがすなわち、かばんLostした証明書みたいなもの。この番号でかばんがどこにあるか、確認できるようです。
baggagedelay
しかし、結局その日は、あきらめてメンフィスのホテルに泊まり、翌日、服もそのままで、仕事です。格好はスニーカーに綿パン。

その16日には夕方、メンフィスからミネアポリスまで移動する予定です。
仕事場から空港への移動の車の中で昨日ロストしたスーツケースがメンフィスの空港にあることが確認できました。これで一安心。着の身着のままの移動も改善できます。
夜、メンフィスを発ってミネアポリスへつき、空港にあるレンタカーを借りることに。
最初は、リンカーンのフルサイズカー。
lincoln
ですが、走ってみると、ふらふらとゆれて、なんだか船に乗っているよう。すうkmほど走った後、空港へ戻り、サスがおかしいのではないかと、クレームをつけ、車を交換。今度はハマーになってました。
hammer
これは初めてなので面白そうだと、駐車場をでようとしたら、出口にレンタカーの社員がいて書類をチェックした結果、車が違うと指摘。なんとカウンターの受付社員の手違い。次に乗り込んだのはビュイックのミニバン。
minivan
さて、やっと出発と走り出したら、今度はタイヤ空気圧低下警報ランプが付いてしまいました。降りて確認したところ、タイヤには以上なさそう。ですが、これも気持ち悪いので、また空港へ戻って交換。今度はビュイックのフルサイズカー(名前は忘れました、写真も撮る気力なく、撮っていません)。

なんだかんだで、レンタカーからみで、2時間ロスしてしまいました。空港をでたのは夜の12時頃。もう、食事するところほとんどなく、できるところといえばマクドナルドくらい?ということで、目的地マンケイトへ向かう途中、マクドナルドで夕飯です。アメリカでは夜11時すぎると、お店には入れなくて、ドライブスルーのみなのですね。これも知らず、お店の前をうろうろするも、入れてもらえず、どうにか教えてもらって、ドライブスルーへ並んだしだいです。

さて、仕事は17日から、19日まで済ませました。食事はあいかわらず、ステーキとハンバーガーです。
今回はマンケイトのゴルフクラブで昼食をとったり、レッドロブスター(日本にもあるやつです)で夕食をしたり(さすがに、アメリカは量がちがいますが)、何回もくると感激も薄れてしまいました。
ゴルフクラブでは、周りはもう冬景色。カナダに近い州ですから、日本では北海道のような気候です。
golfclub

雪が一時降りましたし、気温も5℃前後と、外は寒いです。空も曇りがちでどんよりしています。
紅葉も期待しましたが、車の中からとった写真のように、葉っぱも落ちてしまったようです。
keshiki

さて、仕事をすませ、マンケイトから、ミネアポリスへ移動し、空港の近くのホテルにチェックイン。
夕方には着いたのですが、近くにはMall of America。ということで、ぶらぶらいってみました。
平日の夕方というのに、一杯の人です。前にもこのブログで紹介していますので、詳しくは書きませんが、中の遊園地も子供連れ、レストランやショップにも結構人が入っています。

帰国は次の20日、朝早くミネアポリスを発って、ロサンゼルス経由帰ります。
ここで、一つミスをしてしまいました。ミネアポリスでスーツケースを預けたのはいいのですが、ロサンゼルスにてピックアップすることにしてしまったのです。
アメリカの入国のときにも、ロサンゼルスにてピックアップするので、成田まで預け入れることを忘れていました。
預けた後、そのことに気づいたのですが、予定では乗り継ぎに2時間はあるし、大丈夫と思っていました。
しかし、実際にはミネアポリス発が遅れたため、到着も遅れ、実質1時間ほどの乗り継ぎ時間しか残っていませんでした。

荷物を回転台のところで待つも、なかなか出てきません。成田までの飛行機のチェックインもしなければいけないし、どんどん時間は迫ってきます。あと30分くらいで成田便が出る時間になったところで、ようやくでてきました。そこから成田便へのカウンターまで距離(400mくらいかな)もあるので、重い荷物をころがして、走りましたよ。さすがに疲れましたね。

カウンターではもう、お客さんもいなくて、すぐにチェックイン、係りの人に先導されて、手荷物検査も先頭に割り込ませてもらい、どうにか搭乗に間に合いました。
今回は荷物関係で、いろいろありました。

飛行機の中では、相変わらず映画です。Xメン3、アダムサンドラー主演のコメディー「もしも昨日が選べたら」の2本を見てきました。Xメンは、ちょっと物足りなかったかなあ。これまでの流れには乗っているのですが、ミュータントたちをもうすこし、掘り下げてほしかったかなと。でも、アクションSFとしては、そこそこですね。

コメディーは、面白かったです。ファンタジーものでもあるのですが、忙しく仕事をしている人たちには身につまされる話ですかね。アメリカ流の落ちもあるのですが、気軽に見られる1本です。


| gicorin | ひとりごと | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
出張で、スーツケースがLost
8月に続いて、再度アメリカへ出張してきました。さの道中で書き留めておいた内容を、逐次アップしていきたいと思います。

-------------10月15日
今現在、成田空港へ向かっている電車の中です。今回、8月に出張に行った
アメリカへ再度行くことになり、その内容を書いていく予定です。

ちなみに今回は、最初の目的地はテネシー州メンフィス(小泉前首相が、ブッシュ大統領と面会して、感激していた、プレスリーの家のあるところです。)と、ミネアポリスです。順番はメンフィス⇒ミネアポリスとなっています。
ミネアポリスの近くのシカゴでは最近初雪が降ったという話も聞き、日本とは違う寒さかなと心配しているところです。

日本ではセリーグは中日が優勝、パリーグは日本ハムが優勝して、一区切りがつきましたが、アメリカではまだリーグ優勝が決まっていないアメリカンリーグもあり、その雰囲気は垣間見れるかなと、期待しています。
今度いくミネアポリスはツインズという地区優勝をしたチームがありましたが、惜しくもリーグ優勝はできなかったようで、知り合いの現地の人たちはさぞがっかりしているだろうな、と思います。
ただ、アメフトのシーズンも始まっており、バイキングスの躍進なるかという、話題になるのかな。
それにしてもアメリカ人て、お祭り好きですよね。
(このブログはタイガースネットにお借りしていますが、個人的にはタイガース応援しています。でも、今年は惜しかったですね。来年はどうかな?)


さて、機内です。
飛行機は予定通り離陸し、いまは約4時間経過しました。
今回はエコノミーですがANAのプレミアムエコノミーの席のため、まだ快適です。さすがにビジネスほどではないですが。
このパソコンに電源100Vが使えるし、隣の人との肘掛の幅も広く、足元も相当広いです。席自体の幅や背もたれ角度はエコノミーと同じですが、まだ楽ですね。
先ほど機長からのアナウンスでは今回の飛行時間は約9時間ほどとのこと。台風の影響か西風が強いのか、そうとうな追い風で楽にスピードが出ているようです。
(ただ、結構揺れましたけどね。)

飛行機の中での楽しみといえば、映画ですが、今回のこの飛行機で大きく取り上げられているのが、カーズです。
この映画は夏休み映画として、子供と体験済。ですので、他の映画を見てみると、ダヴィンチコード、やXメン3があるではないですか。どちらも未見ですから、さっそく眠くなる前にダヴィンチコード。
この映画のメインテーマであるイエスキリストのの子孫が続いているという話は、以前テレビでもこの映画が話題になったときに、取り上げられてみた覚えがありますから、すんなり入っていきました。ですが、やはりキリスト教の歴史、宗教戦争、教会内部ことをよく知らない日本人には難しいと思います。単純に謎解きだけでみることもできますが、やはりキリスト教のことを知った上で見ると、より深いものになるはずです。キリストは神であって人間ではないと、決めたのが、後世の宗教会議での話なんて・・といろいろびっくりすることは多いです。

有名な映画のベンハーも一つのキリストの物語ですが、普通知られているキリストの話から、びっくりすることも出てきます。真剣に信じている人たちから見れば、ちゃかしているようにしか見えないかもしれないですね。これをきっかけに、キリスト教や歴史を知るのはいいきっかけになるかもしれませんが。

さて、今はロサンゼルス。15日の12時過ぎです。ロサンゼルス空港について、今回は、ヒューストン経由メンフィスへ向かいます。どちらもコンチネンタル航空です。チェックインをして、出発まで時間があるので、ラウンジで休憩中。日本時間はまだ朝の4時過ぎなので、頭がぼーっとしています。飛行機の中では寝たには寝ましたが、数時間しかねていません。結局映画もダヴィンチコードしか見ませんでした。

ロサンゼルス午後3時発のヒューストン行きです。乗っている時間は約3時間。
ヒューストンから、約1時間の飛行機でメンフィスにやっと到着。現地の夜11時です。
さて、ホテルへと思ったところですが、空港のbaggage claimっで私のスーツケースが出てきません。これには参りました。
空港のコンチネンタルの職員はなれたもので、どのようなかばんか、ロサンゼルスで預けたときのタグをみて必要書類に書いて、終わりです。
しょうがないので、待つしかないようです。

| gicorin | ひとりごと | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |