ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< October 2008 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
9月10月のSACD
いつもいつものクラシック関係のCDから、紹介します。

1.SACD :Holberg Suite, Peer Gynt Suite.1, Etc: 田部京子(P)(グリーグ作曲)
私にとっては珍しいグリーグのピアノ曲。今回は高音質の評判の高い盤であり、SACDマルチチャンネルもあるということで購入しました。
holberg

2.SACD Piano Quintet: 田部京子(P)Carmina Q Iuga(Cb)+schumann: Qintet(シューベルト 作曲)
これも私にとっては珍しい室内楽の盤。曲自体は有名ですが、上の1と緒同じレーベル、ピアノ演奏も同じ田部さんということ、高音質という評判から購入してみました。
schuberquitet

3.SACD Carnaval, Arabesque, Papillon: 田部京子(シューマン作曲)
これも、同じピアノは田部さん。ライブ録音ということですが、最近でた高音質盤です。曲自体は有名ですが、私は持っていませんでした。
carnaval

4. SACD Sym.4, 5: Munch / Bso(メンデルスゾーン作曲)
これは、最近の録音ではないけど、LivingStereoシリーズから。SACDマルチは前方3チャンネルという構成です。
過去、このシリーズを購入してきましたが、さすがSACDという音質(最近の高解像度にはおよびませんが、それでも過去の録音にしてもいい音です。)。
italia

5. SACD Piano Sonata.8, 14, 23, 26: Rubinstein(ベートーヴェン作曲)
これも、Living Stereoシリーズからチョイス。ピアノ演奏はルビンシュタイン。若いときの演奏が楽しみです。
piano8-26

6.SACD Piano Concerto.1: Rubinstein(P), Reiner / Cso(ブラームス作曲)
これも同じくLivingStereoシリーズから、ルビンシュタインのピアノです。
pianoconc1

7.SACD Piano Concerto.3, 5: 仲道郁代, P.jarvi / Deutsche Kammerphilharmonie(ベートーヴェン作曲)
これは、評判は分かれているようですが、演奏者が今勢いのあるヤルヴィと仲道さんということで購入してみました。仲道さんは、NHKテレビの名曲探偵で、演奏や解説を目にしてから、聞いてみようと思った次第。
pianoconc35

8.SACD Sym, 1, 5, : P.jarvi / Deutsche Kammerphilharmonie
(ベートーヴェン作曲)
これは、同じヤルヴィ指揮のベートーヴェン交響曲。以前からシリーズで録音し続けており、今回は5番と1番。以前と同じように、駆け抜けるような演奏が聞けるのか楽しみです。早く全曲出て欲しいです。
beethoven15

9. SACD Comp.symphonies: Jarvi / Gothenburg So(シベリウス作曲)
これは、今は新しくSACDをリリースをしていないUniversalからのもの。 Universalといえば、クラシックではドイツグラモフォン、デッカ、フィリップスという超有名レーベルを抱えているところです。そのため、過去の演奏アーカイブとしては、超一流のものが多く残っているはず。 SHM-CDを出す前に、ぜひ、SACDでのリリースをお願いしたいですね。過去の名盤をSHM-CDみたいにどんどん出してくれれば、食うものも食わずに買い換えするのになあ。そんなファンはたくさんいますよ。
sibeliussymph

10.SACD Sym.2, 8: 朝比奈隆 / 大阪po (1997)(ベートーヴェン作曲)
CDを買うたびに1枚ずつ買うことにしている朝比奈の指揮によるベートーヴェンです。ブルックナーもありますが、これは次回購入にする予定。
beetovensymph28

11.SACD Sym.3: 朝比奈隆 / 大阪po (1996)(ベートーヴェン作曲)
beethovensymph3

12.SACD Der Rosenkavalier: C.kleiber / Bavarian State Oper C.watson(R.シュトラウス作曲)
泣く子も黙るカルロス・クライバー指揮の薔薇の騎士。これがSACDで聞けるなんて、びっくり。HMVでも常に売上げのトップクラスに位置しています。
以前ベートーヴェンの交響曲も同じレーベルのORFEOからでました。今後も秘蔵音源をもとにSACD化して欲しいですね。必ず買いますから。
rosenklavier

13.Comp.concertos For Flute: 有田正広(Fl)/ 東京バッハ・モーツァルト O.(モーツァルト作曲)
これも高音質として評判のSACD.好きな曲ばかりなので、迷わず購入しました。日本のレーベルががんばっていますね。これのLPアナログ盤も発売しているので、次回はそれも購入予定です。
fluteconc

14.SACD Arias: 幸田浩子(S)Hrusa / Prague Philharmonia(モーツァルト作曲)
13と同じレーベル。同じく高音質として評判ですし、モーツアルトのアリアというこで購入してみました。
mozartarias

15.SACD 森麻季 Pie Jesus-sacred Arias Soprano Collection
今まで購入してきたので、迷わず買ってみました。最近、森さんは男のお子さんを出産されたとか。おめでとうございます。 キリスト教関連の歌の選曲に、彼女の気持ちが現れているのでしょうか。
sacredarias

16.SACD Sym, 4, : Simone Young / Hamburg Po(ブルックナー作曲)
これも、引き続き購入している女性指揮者のブルックナーです。人気有名曲ですし、楽しみですね。
brucknersymph4

17.SACD (Recorder)flute Quartet.1-4: Petri(Rec)Widmann(Vn)Ulijona(Va)Sudraba(Vc)(モーツァルト作曲)
これは、ちょっと趣向を変えて、フルート四重奏をフルートの変わりにリコーダーで演奏したものです。フルート四重奏は大好きな曲ですので、それがリコーダーという親しみやすい音色に変わってどうなるのか、楽しみです。
flutequartet
| gicorin | ソフト | 23:58 | - | - |