ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< February 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
2月のCD.SACD(2)
さて、前回の日記にも書きましたが、本命で頼んでいたHMVからのCDとSACDが届きました。
最初にSACDから。

Great Film Fantasies: Kunzel / シンシナティポップスオーケストラ
filmfantasies
これは以前から発売されていて、イージーリスニングとして分類されるかもしれませんが、映画音楽のオーケストラ版のSACDです。
大好きなスターウォーズは入っていたので、ついぽちっと。


カルメン幻想曲 ムター(Vn)レヴァイン&ウィーン・フィル
・ツィゴイネルワイゼン op.20(サラサーテ)
・伝説曲 op.17(ヴィエニャフスキ)
・ヴァイオリン・ソナタ第4番ト短調『悪魔のトリル』(タルティーニ/クライスラー編)
・ツィガーヌ(ラヴェル)
・タイスの瞑想曲(マスネ)
・カルメン幻想曲(サラサーテ)
・子守歌ニ長調 op.16(フォーレ)
 アンネ=ゾフィー・ムター(ヴァイオリン)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ジェイムズ・レヴァイン(指揮)
carmenmutter
これも以前から出ていましたが、ムターの独奏曲集です。最近LPも発売されたので、まずはSACDから聞いてみようと思いました。

チャイコフスキー:
・幻想序曲『ロメオとジュリエット』
・交響曲第6番ロ短調 op.74『悲愴』
 シンシナティ交響楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
pathetiquejarvi

ムソルグスキー:
・交響詩『禿山の一夜』
・組曲『展覧会の絵』
・歌劇『ホヴァーンシチナ』前奏曲『モスクワ河の夜明け』
 シンシナティ交響楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
exhibitionjarvi
これらの2枚は、ヤルヴィのSACD。だんだんヤルヴィのSACDが集まってきたので、これも買ってみないと思ったしだい。

・J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲(全曲)
 アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック(エンシェント室内管弦楽団)
 リチャード・エガー(指揮、チェンバロ)
brandenburgegarr

・ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』
 大阪フィルハーモニー交響楽団
 朝比奈隆(指揮)
 録音:1997年3月20日、大阪、ザ・シンフォニーホール
symph6asahina
毎回1枚ずつ購入している朝比奈のベートーヴェンです。残りは7番、9番。

チャイコフスキー:
・交響曲第5番ホ短調 作品64
・スラヴ行進曲 作品31
 ベルリン・ドイツ交響楽団
 佐渡裕(指揮)
 録音時期:2008年5月13日〜15日(デジタル)
 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
symph5sado
これは題名のない音楽会で司会、指揮をしている佐戸の録音。ただ、場所がベルリンのイエスキリスト教会。カラヤンらのメジャーなレコードが録音されてきた教会での録音ということで、買ってみました。

これまでがSACD。次からはCD。
昨年はカラヤンの生誕100周年、プッチーニの生誕150年という年だったためにいろいろ発掘録音やリマスターがでました。
やっと、落ち着いたので、買って見ました。

プッチーニ:『ボエーム』(デラックス版)
カラヤン指揮、フレーニ、パヴァロッティ
プッチーニ生誕150年記念企画
録音:1972年10月、ベルリン、ダーレム、イエス・キリスト教会(ステレオ)
 96kHz 24-bit Remastering
bohemekarajan
これはケースも豪華!。おとも評判らしいので。

・ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調 作品60
・R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 作品40
 レオン・シュピーラー(ソロ・ヴァイオリン)英雄の生涯
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音時期:1985年4月27日(ライヴ、ステレオ)
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
londonlive1karajan

・シェーンベルク:浄夜 作品4(1917年弦楽オーケストラ版)
・ブラームス:交響曲第1番ハ短調 作品68
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音時期:1988年10月5日(ライヴ、ステレオ)
 録音場所:ロンドン、ロイヤル・フェスティヴァル・ホール
londonlive2karajan
これらの2枚は、ロンドンでの公演です。ライブ録音の少ないカラヤンの貴重な正式録音版ということでました。

ベートーヴェン:
・序曲『コリオラン』Op.62
・交響曲第5番ハ短調Op.67『運命』
・交響曲第6番ヘ長調Op.68『田園』
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1969年5月28日、モスクワ音楽院大ホール(ライヴ、ステレオ)
moscowlive1karajan

・J.S.バッハ:ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調BWV.1046
・ショスタコーヴィチ:交響曲第10番ホ短調Op.93
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音:1969年5月29日、モスクワ音楽院大ホール(ライヴ、ステレオ)
moscowlive2karajan

・モーツァルト:ディヴェルティメント第17番ニ長調 K.334
・R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』Op.40
 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)
 録音時期:1969年5月30日(ステレオ)
 録音場所:モスクワ音楽院大ホール(ライヴ)
moscowlive3karajan
これらはモスクワでのライブ録音。冷戦下でのモスクワでの公演。
うわさでは、相当盛り上がった演奏ということらしくて、期待しています。

| gicorin | ソフト | 22:13 | - | - |
2月のSACD
あっというまにもう2月です。
今月は調子に乗って、結構ポチってしまいました。
今日はAmazonに頼んでいた、SACDが6点届きました。
ここのブログを読んでいて、欲しくなって、調べてみると安かったのでついつい頼んでしまいました。

Symphonies Nos. 1-9
オーケストラ: London Symphony Orchestra
指揮: Bernard Haitink
作曲: Ludwig van Beethoven
symphony19beethoven
ハイティンクのベートヴェン全集です。マルチチャンネルの交響曲全集は持っていなったので・・・

Requiem
オーケストラ: London Symphony Orchestra
指揮: Colin Davis
作曲: Wolfgang Amadeus Mozart
requiemmozart

Mass in C
オーケストラ: London Symphony Orchestra
指揮: Colin Davis
作曲: Ludwig van Beethoven
masscbeethoven

Scheherazade
オーケストラ: Kirov Orch
指揮:Gergiev
作曲Rimsky-Korsakov
sherazade

メンデルスゾーン:VN協奏曲
演奏: ハーン(ヒラリー), オスロ・フィルハーモニー管弦楽団
指揮: ウルフ(ヒュー), ヤノフスキ(マレク)
作曲: メンデルスゾーン, ショスタコーヴィチ
mendelvnconcert

Brahms, Stravinsky: Violin Concertos
オーケストラ: Academy of St. Martin-in-the-Fields
指揮: Neville Marriner
作曲: Johannes Brahms, Igor Stravinsky
brahmsvnconcert
上の2枚はハーンのSACDです。少し前のものですが、買えるときに買っておこうと。

さて、あと、HMVに頼んでいたのが、くる予定です。
| gicorin | ソフト | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) |