ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< April 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
4月のSACD(その2)
先月の終わりにESOTERICからドイツグラモフォンのSACD2点が発売されました。ここのところ定期的に2点ずつ発売されていますね。
値段が高いけど、品質(音も装丁も)よく、いわゆる昔の名盤をSACD化してくれているので、必携盤ということあで買ってしまっています。
今月も出るのかな?楽しみです。

フランツ・レハール(1870-1948):喜歌劇《メリー・ウィドウ》(全曲)
指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
テレサ・ストラータス(S)
ルネ・コロ(T)ほか
ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団
合唱指揮:ヴァルター・ハーゲン=グロル
karajanmerrywidow
karajanmerrywidoweso

J.シュトラウスII(1825-1899):喜歌劇《こうもり》(全曲)
指揮:カルロス・クライバー
バイエルン国立管弦楽団
ヘルマン・プライ(Br)
ユリア・ヴァラディ(S)
ルチア・ポップ(S)
ルネ・コロ(T)ほか
バイエルン国立歌劇場合唱団
合唱指揮:ヴォルフガング・バウムガルト
kleiverfleidermaus
kleiverfledermauseso

特にクライバーのこうもりは、好きな盤です。どこかにCDをもって旅先で聞くときももっていきますし、リマスターでると必ず買ってきました。
今回が決定版かなあ。
| gicorin | ソフト | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
4月のSACD
新年度になったところに先月に引き続きSACDが届きました。本当はこちらのほうが3月分より早く注文したのですが、取り寄せの関係から、順番が入れ違いました。

コヴァセヴィチ/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番、第4番
ベートーヴェン:
・ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 op.19
・ピアノ協奏曲第4番ト長調 op.58
 スティーヴン・コヴァセヴィチ(ピアノ)
 BBC交響楽団
 コリン・デイヴィス(指揮)
davisbeethovenpano24

チャイコフスキー:序曲『1812年』
チャイコフスキー:幻想序曲『ロメオとジュリエット』
シベリウス:交響詩『ポヒョラの娘』 op.49
シベリウス:悲しいワルツ
シベリウス:『カレリア』組曲 op.11
 タングルウッド祝祭合唱団(1812年)
 ボストン交響楽団
 コリン・デイヴィス(指揮)
davistchaikovsky1812

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、ブルッフ:スコットランド幻想曲 グリュミオー(vn)
grumiauxtchaikovskyvlnconcert

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、メンデルスゾ−ン:ヴァイオリン協奏曲 エシュケナジー(vn)
eschkenazyvlnconcert

チャイコフスキー:弦楽セレナード、弦楽六重奏曲 ボニ&コンセルトヘボウ室内管
bonitchaikovskyserenade

フランク:交響曲 ニ短調(1886-1888)
ショーソン:交響曲 変ロ長調 Op.20(1890)
 スイス・ロマンド管弦楽団
 マレク・ヤノフスキ(指揮)
janowskifrancksymphony

クライツベルク / J.シュトラウス鏡ぁД錺襯捗
J.シュトラウス鏡ぁ
・皇帝円舞曲 Op.437
・ウィーンの森の物語 Op.325
・芸術家の生活 Op.316
・北海の絵 Op.390
・美しく青きドナウ Op.314
・南国のバラ Op.388
ウィーン交響楽団
ヤコフ・クライツベルク(指揮)
kreizbergstrausswaltz

ショパン:ピアノ協奏曲第2番、他 児玉麻里(p)ナガノ&ロシア・ナショナル管
kodamachopinconcert2

マーラー:交響曲第6番イ短調『悲劇的』[82:56]
ヘンツェ:『夢の中のセバスチャン』[13:43]
(2003/04作曲、世界初録音)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)
jansonsmahlersymph6

マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』
 ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)
jansonsmahlersymph1

モーツアルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調k.364(320d)、 ヴァイオリンとピアノのための協奏曲ニ長調k.anh.56(315f)
 Midori(Vn)今井信子(Va)Eschenbach / Ndr So
midorimozartsifoniaconcert

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 作品35、ショスタコービッチ:ヴァイオリン協奏曲第1番イ短調 作品99
 Midori, Abbado / Bpo Hybrid
midoritchaikovskyvlnconcert

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調 作品26
midorimendelssohnvlnconcert

ベートーヴェン:交響曲第1番、第2番 ライスキ&ポーランド室内フィル
rajskibeethovensymph12

ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』、第6番『田園』 ライスキ&ポーランド室内フィル
rajskibeethovensymph56

ヴェルディ:レクイエム(死者のためのミサ曲)
 エヴァ・メイ(S)
 ベルナルダ・フィンク(M)
 ミヒャエル・シャーデ(T)
 イルデブランド・ダルカンジェロ(Br)
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)
harnoncourtverdirequiem

バッハ:ゴールドベルク変奏曲(弦楽三重奏版)スイス室内楽団
swisschamberbach

モーツァルト:
.侫襦璽隼予伝婉淵膨皇K.285(1777)
▲侫襦璽隼予伝婉淵つ皇K.298(1787)
フルート四重奏曲ハ長調KV. App.171/ 285b
ぅ侫襦璽隼予伝婉淵板皇K.285a(1778)
ゥ侫襦璽閥奏曲ト長調K.313(285c)(1778)
 大嶋義実(フルート)
 コチアン四重奏団員
 プラハ・カメラータ
 パヴェル・フーラ(指揮)
oshimamozartflutequartet

ファリャ:
・歌劇『はかなき人生』〜スペイン舞曲
・バレエ音楽『恋は魔術師』
・バレエ音楽『三角帽子』〜3つの小品
・7つのスペイン民謡
・クロード・ドビュッシーの墓碑銘のための讃歌
・お前の黒い瞳
 カトナ・ツインズ(ペーター&ゾルターン・カトナ:ギター・デュオ)
 ファニータ・ラスカーロ(ソプラノ)
 ダビド・ガルシア・ミル(打楽器)
twinsguitarduofalla

ヘンデル:
1 《ロデリンダ》〜私の愛する人よ
2 《ロデリンダ》〜影よ、草木よ、悲しき墓よ
3-4 《ロデリンダ》〜序曲&メヌエット
5 《ガウラのアマディージ》〜ああ!無慈悲な人!
6 《エジプトのジューリオ・チェーザレ》〜つらい運命に涙はあふれ
7 《エジプトのジューリオ・チェーザレ》〜麗しき瞳よ
8 シンフォニア〜第1楽章
9 《セルセ》〜オンブラ・マイ・フ
10《アレッサンドロ》〜なにかしらまた分からない
11-12 4声のソナタ〜第1楽章&第2楽章
13 《アタランタ》〜愛しい森よ
14 《リナルド》〜勇者として戦ってください
15 《リナルド》〜涙の流れるままに
森麻季(ソプラノ)
morimakihandel

エクストン10周年BOX−プレミアム・ベスト−
1:レスピーギ:
・『ベルファゴール』序曲
・組曲『シバの女王、ベルキス』
・交響的印象『教会のステンドグラス』
 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)
2:・ムソルグスキー:組曲『展覧会の絵』(ラヴェル編)
・ムソルグスキー:交響詩『禿山の一夜』(R.コルサコフ編)
・ボロディン:交響詩『中央アジアの草原にて』
・ボロディン:ダッタン人の踊り(歌劇『イーゴリ公』より)
 アーネム・フィルハーモニー管弦楽団
 小林研一郎(指揮)
3:・ブルックナー:交響曲第8番 ハ短調(ハース版)
 大阪フィルハーモニー交響楽団
 朝比奈隆(指揮)
4:マーラー:交響曲第2番『復活』
 ダニエレ・ハルプヴァクス(ソプラノ)
 ルネ・モロク(アルト)
 ブルノ・チェコ・フィルハーモニー合唱団(ペトル・フィアラ:合唱指揮)
 ズデニェク・マーツァル(指揮)
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
5:J.S.バッハ:目覚めよ、と呼ぶ声あり ―バッハ:ソナタ&コラール集―
・コラール『目覚めよ、と呼ぶ声あり』BWV.645
・ヴァイオリン・ソナタ ヘ短調 BWV.1018
・アリア『不平を言うなかれ、親愛なキリスト者よ』BWV.144-2
・『イエス・キリスト、神の子は』BWV.4-4
・『そは不思議な戦いなりき』BWV.4-5
・『ここなるは真の過越しの羊』BWV.4-6
・アリア『ついに、ついに我がくびきは去らん』BWV.56-3
・コラール『われらは神はかたき砦』BWV.720
・コラール『主なる父なる神よ、我が強き勇士よ!』BWV.37-3
・コラール『おお人よ、汝の罪の大いなるを嘆け』BWV.622
・コラール『古き年は過ぎ去り』BWV.614
・コラール『おお神よ、汝いつくしみ深き神よ』BWV.767
・アリア『つかみ取れ、救いをつかめ』BWV.174-4
・アリア『来たれイエス、来たれ汝の教会へ』BWV.61-3
 ラデク・バボラーク(ホルン)
 アレシュ・バールタ(オルガン)
6:ラフマニノフ:
・交響曲第2番
・ユース・シンフォニー
 オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団
 エド・デ・ワールト(指揮)
7:マーラー:交響曲第10番(サマーレ&マツッカ補筆完成版)
 アーネム・フィルハーモニー管弦楽団
 マルティン・ジークハルト(指揮)
8:J.S.バッハ:
・半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 BWV.903
・イタリア協奏曲 ヘ長調 BWV.971
・パルティータ 第6番 ホ短調 BWV.830
 セルゲイ・エデルマン(ピアノ)
9:ドヴォルザーク:交響曲第9番『新世界より』
 東京交響楽団
 飯森範親(指揮)
10:J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ全曲
 木野雅之(ヴァイオリン)
11:R.シュトラウス:
・交響詩『ドン=キホーテ』
・交響詩『死と変容』
 ミッシャ・マイスキー(チェロ)
 ラース・アンダース・トムター(ヴィオラ)
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 ウラディーミル・アシュケナージ(指揮)
12:チャイコフスキー:
・交響曲第4番
・幻想曲『テンペスト』
 読売日本交響楽団
 アレクサンドル・ラザレフ(指揮)
13:シューベルト:交響曲第7番『未完成』
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 ズデニェク・マーツァル(指揮)
(おまけのCD盤)
exton10anniversary2

今月は多いなあ・・・
| gicorin | ソフト | 23:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
SA-60導入にあわせて
以前、オヤイデの自作講習会で製作した、電源ケーブルと、電源タップを使ってみました。
あまり、いままでアクセサリーにまでには手が回っていませんでしたので、しょぼいものしか使っていませんでした。
(正直、あのような高価なアクセサリー、電源やインシュレーターやケーブル類を使った場合の費用対効果が、期待できるのか疑問でした。)

そこで、やっとオヤイデでのような体験をして割安に電源アクセサリーを手に入れることができたので、使ってみたわけです。

今回は、自作電源ケーブルをプリアンプ代わりのTA-DA3200ESに、自作電源タップをアナログオーディオ用に壁コンセント経由にSA-60,TA-DA3200ES,PX-600,GT-2000へ給電するために使ってみました。

また壁コンセントもパナソニックの医療用コンセントWN-1318に変えて

なお、TA-DA3200ES以外はそれぞれの機器に購入してきたときに付属していたケーブルです。

写真は機器裏のごちゃごちゃしている光景のため、勘弁してもらって、音は変わりましたね。
SA-60との同時導入ですが、いままで使っていた機器を使って聞いた結果、音の張り、伸びがよくなっていますね。電源で変わるとは聞いていましたが、こんなふうに変わるとは思っていなかったです。
なかなかな効果があり、納得です。
(端子のめっき材料までこだわればこだわるのでしょうが、まだそこまで到達していません。)
| gicorin | AV機器 | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
ESOTERIC SA-60購入
買ってしまいました!!

以前からいろいろ頭の中で考えていたのですが、これからAVをどのように発展させていくのか。
.▲淵蹈亜覆い錣罎襯譽魁璽鼻砲妨けて、MCカートリッジの導入、フォノイコライザーの追加、2Ch用プリアンプの追加
SACD,CD,DVD-Audioなどのデジタルディスクソースの機器の充実に向けて、SACD/DVD-Audio専用プレーヤの導入(今はDVDユニバーサルプレーヤですから)
PCオーディオの追加。ipodやPCオーディオを導入し、ディスクメディアから距離を置く。
などの案を考えていましたが、,呂泙世泙聖纏が忙しい中、ゆっくり音楽が聴けるのは週に数時間となれば、のめりこみすぎるのはちょっと。
ではディスク収集癖があるために、このような活動は寂しいです。

ということから△寮で考えていて、たまたまネットで問い合わせたら、新品(この機種自体、2008年まで生産していた模様)が残っているとのこと。
そこで、衝動的に買ってしまったしだいです。

これが家に届いた状態。さすがに外箱(写真は外箱)、内箱と二重になっている。
同じような箱が二重になっている。
sa60box1

箱から出すとこんな状態。
sa60

詳しいスペックはここを参照してもらって↓
http://www.esoteric.jp/products/esoteric/sa60/index.html

驚いたのは、リモコンがめちゃ重い。重厚感は十二分にあるのだが、
ちょと重すぎかなあ。
それから、筐体アースが設けられていること。

この機種を選んだのは、SACDアナログマルチチャンネルの音声出力があること、DVD-Audioが聞けることが決めてです。

昨今はほとんどが2ch出力のみ。せっかくSACDを聞くのであればぜひマルチで聞きたいです。
ですから、DVDやSACDユニバーサルと違ってオーディオ専用プレーヤが欲しかったのです。

さて一聴してびっくりしたのは、すべての音がきちんと聞こえてくること。
今までのユニバーサルプレーヤでは、やはり音がマスクされていたようです。これから使っていくにしたがっ、音が変わるかもしれません。
今まで聞いてきたディスクを再び聞いてみたいです。
| gicorin | AV機器 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
ESOTERICのSACDの発売中止の続報
先日、ESOTERICから2月に販売したSACDのうちカラヤン指揮のものが瑕疵により出荷停止との連絡がアップされていましたが、その続報です。
これによれば4月には、旧盤の交換をしてもらえるとのこと。

瑕疵のあったほうが貴重になるかもね(笑)
僕は交換するとは思いますが・・・
********************************************************************
2010年3月2日に『Super Audio CDハイブリッド・ソフト出荷停止について』のご案内の通り、Super Audio CDソフト「ESSD-90036」(カラヤン指揮/ドヴォルザーク交響曲第8番&ブラームス交響曲第3番)の「ブラームス交響曲第3番1楽章」の一部にオリジナルマスターテープに起因する瑕疵が認められたため出荷停止とさせて頂いておりましたが、英国DECCA社より正しい編集によるマスターを取り寄せ、修正版ソフトの制作が完了いたしましたので、ここに出荷再開をご案内させて頂きます。


出荷再開の時期は4月10日(土)以降を予定しております。

尚、すでにお買い求めいただきましたお客様におかれましては、4月10日(土)以降、お買い上げの特約店様にて交換をお申し付けくださいますようお願い申し上げます。

《不具合品の見分け方》

ディスク本体: 最内周部に刻印されている品番
『ESSD-90036#』(正常品)
『ESSD-90036』(不具合品)

パッケージ: オビおよびパッケージ裏面のSACDマーク
『白色』(正常品)
『黄色』(不具合品)
| gicorin | ソフト | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) |