ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< September 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
Blu ray Audio買ってみました
いつもネットで買っているHMVで、気になるものがありました。
カラヤン指揮ベートーヴェン交響曲全集1962年録音盤、クライバー指揮ドイツグラモフォン録音オーケストラ曲集 の2種類です。
karajanbeethovenBDA
kleiberBDA

どこが気になったかといいますと通常のCDに加えて、ブルーレイオーデイオ盤が1枚添付されているんです。
CD全部がブルーレイ1枚に入っているんですが、音源はハイレゾ96kHzサンプリング24Bitです。

いままでブルーレイオーディオ(BDA)は知っていましたが、SACDを中心に聞いているため、買ってみようと思わなかったのですが、この2種類の超有名盤が出たからには買ってみようかと。そんなに高くなかったのも同期の一つですが(笑)

さて届いて今日聞いてみました。
なにで聞くかが問題ですが、手持ちのブルーレイレコーダ(SONY BDZ-A70)では残念ながらかかりませんでした。ブルーレイとして認識はするのですが、Playまでいたらず。)
そこで、ブルーレイドライブのあるパソコンで再生してみました。
USB出力をESOTERIC K-03のデジタル入力へ入れています。
そして、同梱されているCD、過去に買っていたSACD(これらはESOTERIC K-03で再生)を比較してみました。

BDA:ちょっと硬めの音。ただCDとくらべるときめ細かさがあきらかにアップ。
  ダイナミックレンジもCDより大きいですね。
SACD:BDAと比べてすこーし、柔らかい音、絹ごしの音という感じ。
  ダイナミックレンジもBDAよりわずかに広い感じです。

プレーヤが異なるので厳密なひっかうではありませんが、BDAも面白いですね。
ベートーヴェンの交響曲9曲すべてが1枚に入っているのです。
聞くにはすごーい便利です。
ただ一つ残念なのは、パソコンドライブの動作音です。これだけはがまんなりませんね。外付けのドライブを使うと静かな環境で聞けるのかな?
一番いいのは、ブルーレイプレーヤーで、USBデジタル出力がある機種であれば、いいのに。それはなかなかないのかな?探してみます。
| gicorin | ソフト | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |