ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
すでに入手していたLP その2
こちらはオークションなどから入手したLPです。

1.R.Strauss オーボエ協奏曲、ホルン協奏曲第2番
 独奏はロータ・コッホ(オーボエ)、ノルベルト・ハウプトマン(ホルン)
straussoboekonzer
こちらは盤質もそこそこよかったです。


2.R.Strauss 死と変容、4つの最後の歌(ソプラノ:グンドラ・ヤノヴィッツ)
straussdeathandtrans
こちらはA面、すこし周回傷ありでした。残念。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村


| gicorin | ソフト | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
すでに入手していたLP
LPを購入していましたが、やっとアップできました。
Living Stereo復刻版、Analogu Productionsから発売です。

1.交響曲第2番(ボロディン)、スペイン奇想曲(コルサコフ):マルティノン指揮&ロンドン交響楽団
livingstereoborodinsym

2.ファサード組曲、他:フィストゥラーリ指揮&ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団
livingstereofacade1

3.バレエ音楽 ヴェルディ:「アイーダ」他 フィストゥラーリ指揮&パリ音楽院管弦楽団
livingstereoballetmusic

いずれも200g重量盤になります。
今、まさに聞きながら書いていますが、音、いいですね。
ところでAnalogu ProductionsのLiving Stereo復刻盤、第2弾はたしか16枚でした(発表されたときは)。これで次回の発売のアナウンスもあるようですが、これで完了かな??


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村
| gicorin | ソフト | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
音楽パッケージメディアと装置の妄想
心境の変化なのか、少しSACDの購入をセーブしようかと思っています。
世の中には私以上に購入して、きちんとしたレビューを掲載されているかたも
いて、気が引けるのですが,自分の身の丈にあったオーディオ・音楽生活を
するのも大切かと思い始めています。

7月から単身赴任が終わり家族と暮らし始め、また私の両親も車でいける距離に
住んでいます。
単身ではそのようなもろもろの出来事とは距離をとり、悪く言えば好き放題に
趣味を楽しむことができましたが、今は自身の周りを”生活”が取り囲んでいます。

いろいろ妄想はあるのですが・・・
・アナログのカートリッジをグレードアップしてみたいな
  現在使用しているDL-103Rを、テクニカのART9なんかはどうかな?

・アナログ、トランスを導入してみたいな
  PhasementionのT-500はどうかな?現在使用しているフォノイコE-100とは
純正組み合わせみたいなものだから相性はいいだろうと思っています。

・アナログのフォノイコライザーグレードアップしてみたいな
  高級機といわれる、アキュC-37、PhasementionE-500なんか聞いてみたい。
  このくらいのレベル差があれば、音質向上は画期的かな?

・CDプレーヤーにクロックを導入してみたいな
  G-02中古でもいいから使ってみたい。
  K-03だけではなく、SA-60にも入れてみたい。SA-60も変わるのだろうか

・電源コンディショナーを導入してみたいな
  アキュPSを導入してみたい。
  電圧歪の改善が見込めるけども、集合住宅であり、さまざまな家庭内の
インバータによる高調波ノイズによる電源波形の改善によるどこまで音への
影響があるのだろうか。

・音源としてハイレゾを本格的にやってみたいな
  パッケージメディアであるSACDで販売せずに、CDのほかにハイレゾの発売
する曲が出てきている。
  特にDGなどの新譜はそのような傾向。
  新譜に対応するのであれば、必須か。

・DSD対応のDAコンバーターも導入してみたいな
  上記に合わせてDSD11.2Mなどにも対応しているDACを使ってみたい。
  それにふさわしい音源も必要ですが。

・UHD対応のブルーレイプレーヤー導入してみたいな
  TVがUHD対応ではないので、これは将来、いつかの話。

など、最近の動向に刺激を受けてます。
ただ、先日の日記にも書きましたが、生活に取り囲まれているため、なかなか
没頭する時間が取れません。
そのため、どんどん導入、というわけには行かなくなりました。

ソフトは現在、SACDとLPになっています。
LP:どんどん積極的に購入するというより、気になった新譜を時々、購入。
  実際は Analogue ProductionsのLiving stereo復刻版の新譜購入
      好きなポップスアーティストの新譜購入
      中古レコードで過去のアーティストの曲を購入
  といったもの。
  最近、いろいろ出始めている復刻版もありますが、気になるものはすでに
中古で入手済みですので、あえてダブって購入、ということはして
いません。

SACD:最近の購入判断は輸入盤はLINN新譜、Pentatone新譜、TACET新譜から
セレクト。
特にPentatoneはアナログ時代の4chの復刻も行ってきるのでマルチ
チャンネル好きな私にとっては、重要レーベルになっています。
   TACETはマルチ好きにははずせません。
   そのほかのレーベルは、気になると気にぼちぼちです。
    (RCOやLSOは気になるところをぼちぼちですかね)

   国内盤は ESOTERIC復刻盤、Tower record復刻盤、ユニバーサル
シングルレイヤー、ワーナー、そしてStereoSound復刻盤が中心です。
   一昔前と異なり、国内盤の勢いがあります。ただし国内盤は1枚あたりの
価格が輸入版より高価なのが残念です。

   音質傾向として
   StereoSound>=ユニバーサル>=Esoteric>Tower record>ワーナーと
いう感じ。
   Tower record場合は、解像度が甘い感じがします。
   マスターは出自のいいものを使っているのでしょうから、もうすこし
がんばってほしいです。
  
   ここで注目はStereoSoundではないでしょうか。
   松田聖子のSACDをミキシングに戻りマスターを製作してSACDを製作して、
彼女の声を目の前に現して、聞くことができる楽しみを与えて
もらえました。
   また、バレエガラコンサートのようにクラシックでの超有名、入手困難な
アナログレコードのSACD復刻もよかったです。
   今度はDSD11.2MHzのハイレゾ音源(配信ではなくBlu-rayディスクへ
記録して、自分でPCにコピーして聞く)をSACDで販売したものと同じ曲を
販売するようです。
   SACDでも、ショルティの指環全曲を計画しているようです。
ESOTERICでのSACD化、ユニバーサルによるブルーレイオーディオと
   販売されてきました(どれも購入済み)が、今までにないマスターを
用いてのSACD化のようですので、これも目が離せません。
   ただ、残念なのはSACDとCDが別ディスク(ハイブリッドではない)ため、
価格が高いことです。
   

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村
| gicorin | ひとりごと | 21:51 | - | - |