ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
引越し完了
7月1日付で転勤となり、関東は横浜勤務に戻ってきました。
長崎での単身赴任生活はちょうど4年。
私のサラリーマン生活での、非常に大きなエポックとなった仕事も区切りがつきました。
長崎ではいろいろな人にお世話になりました。
自分一人では何もできませんでしたが、周りの人に助けてもらい、逆に力になることができた4年間でした。

オーディオ生活でも、セパレートアンプの導入、新しいSACDプレーヤーへの挑戦、さらにアナログライフへの回帰といった大きな変化もありました。
単身赴任生活ということで、自分の時間を多く持てたためだと思っています。

さて、単身赴任も解消して、家族のもとに戻ってきましたが、大きな問題は単身で増えた荷物をどのように今の狭い住処に押し込むかです。

オーディオの機器の他に、SACD/CDとLPというソフト。
CDでダンボール箱10個、LPでダンボール箱9個。
さらに各機器の重量級ダンボールということで、すべては今の住まいには入らないのは明らかでした。
そこで、車で30分のところの私の実家を物置代わりに使わせてもらい、CDとLPは実家におかせてもらうことに。
ただ、長崎からの配送箇所は1か所のみと決まっていたので、まずは自宅に配送してもらい、実家におかせてもらうものは、私がレンタカーで運ぶこととしました。
レンタカー1台、車はマツダのボンゴでしたが、1回では運びきれずに2回要しました。(CDラック、LPラックがかさばりました)

オーディオ機器は自宅に持ってきて、どうにか自宅の5.1chシステムと共用、併存させるのが、今できることです。
2兎を追うものは・・・といわれますが、フロントスピーカー2セット、また電源の取り方、なども悩みましたが、まずは併用してみようと思っています。
そこでセットした写真は以下のようになりました。
sinkyo

こんなこともあろうかと思い、長崎では今まで使っていたラックと同じシリーズを使っていましたので、どうにか家族にも受け入れられたかも。
左端の縦長ラックとその中の機器が長崎から運び込んできたもの。

スピーカーは5.1chの空いているところに押し込んだ形。
セッティングの自由度がなく、スピーカーの内ぶり角度、スパイク受けなどで調整していくしかなさそうです。

電源は5.1chと2chのパワーアンプは同一コンセント。
またそれぞれの上流機器とプリアンプは同一コンセント、としてみました。
ただ、横長配置は電線長さが必要となりますが、無理しているところがあるためこれから、改善していきたいところです。

2chで長崎と変わったところは
 ・電源周波数 60→50Hz
 ・スピーカー間距離 広くなった
 ・スピーカースタンド スタンド下に袴にしていた台を撤去、直接床にスタンド置き
 ・スピーカーの奥壁との距離 遠くなった(50儖幣紂

スピーカー周りの環境が大きく変わり、やはり長崎とは違います。
ただ、まだまだ、鳴らしてみて少しずつ調整をして、この部屋でのベスト(というよりよりベター)な音にしていきたいです。

にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村




| gicorin | ひとりごと | 10:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
加藤訓子のマリンバSACD
毎月のようにSACDやLPを購入していると、SACD特有の滑らかな絹ごしのような音や、LP特有の分厚い音に浸っていて、いい音の盤を感じることがなくなるのではないかと思っていましたが、ひさびさに、この中でもいい音の盤だなと、ぞくぞくするようようなSACDがありました。

LINNからこの5月に発売された加藤訓子のマリンバ演奏です。
kuniko
linnkuniko
デジパックの2枚組仕様です。

HMVからの宣伝文句は以下の通り。

--------------------------------------------------------------------
加藤訓子 第4弾、マリンバ版バッハ!
書下し日本語解説付き! 超優秀録音盤!
SACD Hybrid Multichannelヴァージョン(2SACD)は日本向け完全限定生産盤!

「クニコ・プレイズ・ライヒ(kuniko plays reich)」、「カントゥス(Cantus)」、「IX 〜 クセナキス(Xenakis: IX)」と世界的な大ヒットが続いた、日本を代表するパーカッショニスト、加藤訓子。スコットランドのハイエンド・オーディオ・メーカー、LINNが技術の粋を結集させて作るアルバム第4弾は、ついにJ.S.バッハの音楽が登場!
バッハのソロ作品のなかから、加藤訓子自身の「この曲を弾きたい、聴きたい」という観点で、「無伴奏チェロ組曲」の第1番、第3番、第5番と「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ」の全3曲、「平均律クラヴィーア曲集第1巻」から第1番の前奏曲、リュートのための前奏曲を選択し、マリンバ独奏のために編曲。加藤訓子が「究極のミニマリズム」と称するバッハの音楽は、「ライヒ」、「ペルト」、「クセナキス」を上回る大きな衝撃を与えてくれることでしょう!(輸入元情報)

「平均律クラヴィーア曲集第一巻 前奏曲ハ長調 BWV846
天上の音楽。音は天から降ってくる。
まるで今この瞬間に音楽が生まれたのではないかと思うほど、透明な音がキラキラと光り出す。この世のものとは思えないような響きは、シンプルな和音の展開だけで構成される、今世紀クラッシック音楽の中で最古とも言える、究極のミニマリズムである。」〜加藤訓子〜 書下ろし日本語解説より(輸入元情報)

【収録情報】
J.S.バッハ:マリンバのための無伴奏作品集

・平均律クラヴィーア曲集第1巻〜前奏曲ハ長調 BWV.846
・無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV.1007
・無伴奏チェロ組曲第3番ハ長調 BWV.1009
・無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調 BWV.1011(無伴奏リュート組曲第3番 BWV.995)
・リュートのための前奏曲ハ短調 BWV.999
・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番ト短調 BWV.1001
・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第2番イ短調 BWV.1003
・無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第3番ハ長調 BWV.1005

加藤訓子(マリンバ)

録音時期:2015年9月1-11日、2016年3月14-24日
録音場所:エストニア、タルト、ヤンニ教会
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
---------------------------------------------------------------------
2chステレオで聞きましたが、目の前にマリンバがあり、その鍵盤(でいいのかな?)をたたいている場所が目に見えるよう。
それもピアノで言えば黒鍵の位置もわかるほどの精緻な音。
また、教会での録音のため、残響が長いのですが、教会特有のながーい残響でぼわっとした音ではなく、マリンバのダイレクトの音と残響がうまく調整されており、目のまで演奏しながら、音が頭上から降り注ってくる感じもします。

解説はステレオと記載ありますが、マルチチャンネルも収録されているようですので、別のマルチシステムで聞いたらどうのようになるのか楽しみです。

加藤訓子のLinnでのSACDは過去に3枚発売されていますが、すべて現代作曲家、それもミニマルミュージックにカテゴリーの曲なので、今回のバッハは馴染みが
あり、いろんな人に聞いてもらえるのではないでしょうか。

また過去の3枚も聞きなおしてみましたが、今回のSACDが断トツで一番音がいいです。
linnkuniko2
| gicorin | ソフト | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
カイルベルトの指環
先日まで、1955年バイロイト音楽祭でのライブ録音であるカイルベルト指揮の指環をLPで聞いていました。
実はこのLPは発売と同時に購入はしたのですが、機会がなくやっと聞くことができた次第。
1955年、初のステレオ録音とは思えないほど音が新鮮です。
CDでも発売されており、Amazonでもレビューが出ていますが、当時の状況がレコードの音を通じて、目の前に現れるという感じかなと思います。
オケはピットの中に入っているので、少しこもっては聞こえますが、逆に歌手の声は、非常に明確。
これが初のステレオ録音といわれてもなかなか信じられないです。

盤は重量盤、DECCAレーベルでの限定プレスのものですが、これはお宝級ではないかと勝手に思っています。
聞くだけでも数日かかりますが、おなか一杯になるレコードでした。

ショルティの指環とも比較してみたいです。
ring1
ring1label
ring2
ring3
ring4
| gicorin | ソフト | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
アナログプレーヤーの足元
ずっと前から気になっていました。
アナログプレーヤーの足元です。
GT-2000のオリジナルは、M6ネジ付のゴム足。
リジッドな筐体、重量級のプラッター、などハードに固めるポリシーのプレーヤ
なのに、この足元だけは思想に矛盾している。
また、ネットでもこの足元を替えていい結果を出している人が結構いる。

そこで、インターネットがパソコン通信と言っていたころから、オーディオの
世界で話題には上がっていた、Black Diamond Racingのカーボン素材を使って
見ることにした。
Black Daimond Racing(以降BDR)では、ボードとコーンの2種類が大きなカテゴリーになっています。
今回は、コーンの先端を下向きにしてスパイクとして使用しました。
またこのコーンにはねじ穴が開いていて、M6ネジと1/4インチネジの変換アダプターを使用して、コーン側が1/4インチ、プレーヤー側はM6として取り付けました。
そうそう、コーンには2種類あり、MK3とMK4で、音の違いがあります。
今回は、MK3をチョイス。解像感重視で臨みました。
corneaet

また、このコーン(スパイク)受けも必要。
BDRではパック形状のものがラインアップされていますが、今回手に入らず。
そこでヤフオクで、同様の形状のカーボン素材ものもを入手して使ってみました。

実はこの前にAudio Basicという雑誌に付録としてついていたマグネシウム?製のスパイク受け(上の写真に写っているもの)を使用してみました。
ですが、音が上滑りする軽すぎる感じなため、これは却下。


カーボン素材に物を使ってみた結果、いままでのゴム足はなんだったのか、というくらい大きく変わりました。
cfrp1

以下はオリジナルのゴム足です。古くなっていますね。
original


ここまでソース機器で変わるとは!
カートリッジ、アームでも大きく変わってきましたが、この足元もで大きく
いい方向に変わりました。
音の高域が何しろ、音数が増え、より細かな音が聞こえます。
いわゆるベールを剥いだようなというにぴったり。
低音域は、大きく変わりはしませんが、ただくぐもっては聞こえなくなりました。
これは後には戻れません。
組み合わせた感じはこんな感じ。
settingafter

今まで足元には無頓着でしたが、回転機器であるCDプレーヤも、気になってきました。
アクセサリーって、癖になりそうです。

bdrcone

| gicorin | AV機器 | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
3月、4月のLP
やっと一息つけました。
前回書き込んでから2か月くらい経ちました。
LPもいくつか購入しており、記録しておこうと思います。

livingstereo
1.Living stereo
  アンセルメ指揮コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
  バレエ音楽集(くるみ割り人形、コッペリア、ジゼル、白鳥の湖、
         カルナヴァル、眠れる森の美女、レ・シルフィードから)
  高音質レコードで有名な盤ですね。
  オークションでもほとんど出てきませんが、出てきたらすごい高値になる
  盤の一つ。
  SACDでは、ステレオサウンド社が昨年、発売し、私も入手しました。
  たしかにSACDで聞いても高音質のものでした。
  このLPはAnalog productionsが作成したもので、これから聞いてみるのが
  楽しみです。
  オリジナルはBOXなのでしょうが、今回の盤はジャケット2枚組仕様です。

2.Living stereo
  ショルティ指揮コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
  椿姫前奏曲、セミラミーデ序曲、ホフマンの舟歌、時の踊りなど
  これもAnalog Productionsのもの。
  この盤はあまり、表に出てくることはないようですが、どの程度の音質
  なのか楽しみです。

karajanballet  
3.Weber Aufforderung Zum Tanz
Berlioz Tanz Der Irrlichter
Tanz Der Sylphiden
Liszt Mephisto Walzer
Smetana Der Verkaufte Braut Polka
Furiant
Tnaz Der Komodianten
Dvorak Scherzo Capriccioso
カラヤン指揮ベルリンフィル ドイツグラモフォン(西ドイツ版)

4.Beethoven Ouverture Fidelio
  Brahms Tragische ouverture
  Wagner Vorspiel zum 1.Akt Tristan und Isolde
    Vorspiel zum 1.Akt Die Meistersinger von Nurnberg
  カラヤン指揮ベルリンフィル EMI
  4チャンネルレコード(西ドイツ版)

karajanrossini
5.Rossini Ouverture Die diebische Elster
Ouverture Die seidene Leiter
Ouverture Semiramis
Ouverture Der Barbier von Sevilla
Ouverture Italienerin in Algier
Ouverture Wilhelm tell
カラヤン指揮ベルリンフィル ドイツグラモフォン(西ドイツ版)

6.Dvorak Cello concerto
  Tschaikowsky Rococo variation
  ロストロポーヴィッチ(チェロ) カラヤン指揮ベルリンフィル
  ドイツグラモフォン(西ドイツ版)
karajanspring
7.Stravinsky Le sacre du printemps
  カラヤン指揮ベルリンフィル ドイツグラモフォン(西ドイツ版)
  (チューリップレーベル)
 
8.Tschaikovsky Symphony No.5
ムラヴィンスキー指揮レニングラードフィル ドイツグラモフォン
  (西ドイツ版、チューリップレーベル)

karajannutcracker
9.Tschaikowsky Nussknacker
  カラヤン指揮ウィーンフィル DECCA 再発売EU版
   


| gicorin | ソフト | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) |