ギコリンのblog

私、ギコリンの興味のある、AudioVisual、映画、音楽、カメラなどを中心に語っていくつもりです。
CALENDAR
<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
+SELECTED ENTRIES
+RECENT COMMENTS
+RECENT TRACKBACK
+CATEGORIES
+ARCHIVES
+LINKS
+PROFILE
+OTHERS
2017年に購入したCD(SACD)
CD(SACD)はあまり紹介してきていませんでしたが、今は時間もあるので、一覧を作ってみました。
サイトからのコピペをしてきていますので、作曲者、曲名、演奏者の順番はところどころ異なっていますが、勘弁してください。

いつか書きましたが、購入したものはほとんどがSACD。
ただ、現代の演奏者の録音よりも、過去の演奏、発売された音源のSACD化した
ものが、昨年2017年は多かったです。
またそれらは国内盤が中心でしたので、安く購入できることもできなく、購入
数は今までと比べても少なくなりました。

この過去の遺産である音源のSACDの流れは、今年2018年も続くのでしょう。
特にカラヤン、ベーム、ショルティなどといったドイツグラモフォンやデッカの
看板指揮者の音源は、名盤といわれるものはほとんど発売されてくるのでは
ないでしょうか。
ハイレゾダウンロード販売と同じ音源からDSD化してSACDとハイレゾ音源として
2つのルートで販売できるのでしょう。
私としては、まだ物理フォーマットであるSACDを購入していくつもりです。


SACD アルプス交響曲、『ばらの騎士』組曲 ティーレマン&ウィーン・フィル
(シングルレイヤー)
 シュトラウス、リヒャルト(1864-1949)

SACD ピアノ協奏曲第1番、英雄ポロネーズ、夜想曲集、バラード第1番 
 マウリツィオ・ポリー
 ショパン (1810-1849)

CD Best Audiophile Voices

SACD 交響曲第5番 クラウディオ・アバド&シカゴ交響楽団(シングルレイヤー)
 マーラー(1860-1911)

CD デッカ・フェイズ4ステレオ・ボックス(40CD+ボーナスCD)

SACD ロドリーゴ:アランフェス協奏曲、リュート協奏曲集〜ヴィヴァルディ、ヘンデル、他 
 ロドリーゴ(1901-1999)

SACD 四季、ヴァイオリン協奏曲集 ピンカス・ズッカーマン、イギリス室内管弦楽団
 ヴィヴァルディ(1678-1741)

CD デッカ Phase Four Stereo Spectacular-nice N Easy

SACD マリンバのための無伴奏作品集 加藤訓子(2SACD)
 バッハ(1685-1750)

SACD 交響曲第6番『悲劇的』 クラウディオ・アバド&シカゴ交響楽団
 (シングルレイヤー)
  マーラー(1860-1911)

SACD カンタータ第140番、第147番 カール・リヒター&ミュンヘン・バッハ管弦楽団

SACD レクィエム ジャナンドレア・ノセダ&ロンドン交響楽団、エリカ・グリマルディ他
 ヴェルディ(1813-1901)

SACD 交響曲第3番『スコットランド』、第1番 アンドルー・マンゼ&北ドイツ放送フィル
 メンデルスゾーン(1809-1847)

SACD ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲第1番 フランク・ペーター・ツィンマーマン他
 ブラームス(1833-1897)

SACD 『三角帽子』『スペインの庭の夜』『火祭りの踊り』、他 山田和樹
  &スイス・ロマンド
 ファリャ(1876-1946)

SACD ロイヤル・コンセルトへボウ・ブラス
 *brass&wind Ensemble* Classical

SACD 弦楽五重奏曲第2番、第3番 アウリン四重奏団、今井信子
 モーツァルト(1756-1791)

SACD 『管弦楽のための協奏曲』『弦楽器、打楽器とチェレスタのための音楽』 
 ラファエル・クーベリック
 バルトーク (1881-1945)

SACD 『ミーティング・オブ・ザ・スピリッツ〜ジャズ・アルバム』 
 マット・ハイモヴィッツ
 *チェロ・オムニバス*

SACD リン・レコーズ〜ザ・スーパー・オーディオ・コレクション Vol.10
 Sampler Classical

SACD 交響曲全集 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(3SACD)
 (シングルレイヤー)
 チャイコフスキー(1840-1893)

SACD 幻想交響曲 小澤征爾&ボストン交響楽団
 ベルリオーズ(1803-1869)

SACD Orch.works: Kondrashin / Rca Victor So
 Russian Composers Classical

SACD 弦楽五重奏曲第1番、第4番 アウリン四重奏団、今井信子
 モーツァルト(1756-1791)

SACD『The Bach〜ギターによるバッハ作品集』 河野智美
 バッハ(1685-1750)

SACD Penelope & Holidays
 ポール・モーリア (オーケストラ)

SACD ミサ・ソレムニス マレク・ヤノフスキ&ベルリン放送交響楽団、ライプツィヒ
 放送合唱団
 ベートーヴェン(1770-1827)

SACD 『真夏の夜の夢』 ジョン・エリオット・ガーディナー&ロンドン交響楽団
 メンデルスゾーン(1809-1847)

SACD 交響曲第1番、第4番 ラファエル・クーベリック&ロンドン交響楽団、
 イスラエル・フィル
 ベートーヴェン(1770-1827)

SACD 交響曲全集 ニコラウス・アーノンクール&ベルリン・フィル(5SACD)
 シューベルト(1797-1828)

SACD 交響曲集、ヴァイオリン協奏曲、管弦楽曲集 ヘルベルト・フォン・カラヤン
 &ベルリンフィル
 シベリウス(1865-1957)

SACD 交響曲全集(1977-78)、管弦楽曲集(1978,1964) ヘルベルト・フォン・カラヤン
 &ベルリンフィル
 ブラームス(1833-1897)

SACD 交響曲全集 サイモン・ラトル&ベルリン・フィル(4SACD)
 シベリウス(1865-1957)

SACD 交響曲第9番 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(1979-80)
(シングルレイヤー)
 マーラー(1860-1911)

SACD ドイツ行進曲集 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル管楽器セクション
(シングルレイヤー)
 March Classical

SACD 交響曲全集 飯森範親&山形交響楽団(13SACD)
 モーツァルト(1756-1791)

SACD 交響曲第3番『オルガン付き』、動物の謝肉祭 アントニオ・パッパーノ
 &聖チェチーリ
 サン=サーンス (1835-1921)

SACD 交響曲第10番 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル(1966)
(シングルレイヤー)
 ショスタコーヴィチ(1906-1975)

SACD ブラームス: ピアノ協奏曲第1番, 第2番, 4つのバラード,
 幻想曲集<タワーレコード限定>
 エミール・ギレリス、他

SACD モーツァルト: ピアノ協奏曲 第20番, 第27番<タワーレコード限定>
 クリフォード・カーゾン、他

SACD チャイコフスキー:バレエ音楽≪くるみ割り人形≫(全曲)
 アンドレ・プレヴィン

SACD ベートーヴェン: ピアノ協奏曲集(第1番・第3番・第5番《皇帝》),
 ピアノ・ソナタ第4番<タワーレコード限定>
 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ、他

SACD R.シュトラウス: 管弦楽曲集(ツァラトゥストラはかく語りき, 祝典前奏曲,
 ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら, ドン・ファン, 英雄の生涯, 他)<タワーレコード限定>
 カール・ベーム、他

SACD モーツァルト: 交響曲集(第29, 35, 38, 39, 40, 41番),
 フリーメイソンのための葬送音楽, アイネ・クライネ・ナハトムジーク<タワーレコード限定>
 カール・ベーム、他

SACD モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」全曲<タワーレコード限定>
 エーリヒ・クライバー、他

SACD シューベルト:交響曲第9番≪ザ・グレイト≫<タワーレコード限定>
 カール・ベーム、他

SACD プッチーニ:歌劇≪蝶々夫人≫(全曲)<タワーレコード限定>
 ヘルベルト・フォン・カラヤン、他

SACD マーラー:交響曲第5番・6番≪悲劇的≫・第7番≪夜の歌≫<タワーレコード限定>
 ゲオルグ・ショルティ、他

SACD エフゲニー・ザラフィアンツ「ESOTERIC 30th Anniversary BEETHOVEN & CHOPIN」
  〈ESOTERIC〉

SACD オットー・クレンペラー「メンデルスゾーン:交響曲第3番<<スコットランド>>
 / シューマン:交響曲第3番<<ライン>>」〈ESOTERIC〉

SACD アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ「ドビュッシー:前奏曲集第1巻
 &子供の領分」〈ESOTERIC〉

SACD マルタ・アルゲリッチ(ピアノ)「J.S.バッハ:ピアノ作品集」〈ESOTERIC〉

SACD ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 「レスピーギ:交響詩<<ローマの松>>&<<ローマの噴水>>、アルビノーニのアダージョ他」〈ESOTERIC〉

SACD ラファエル・クーベリック(指揮)バイエルン放送交響楽団
 「Jドヴォルザーク:スラヴ舞曲集(全曲)」〈ESOTERIC〉

SACD イタリア弦楽四重奏団「シューベルト:弦楽四重奏第14番≪死と乙女≫、
 第13番≪ロザムンデ≫」〈ESOTERIC〉

SACD カラヤン(ヘルベルト・フォン),ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 「チャイコフスキー:3大バレエ〜<<白鳥の湖>><<くるみ割り人形>>
  <<眠れる森の美女>>組曲」〈ESOTERIC〉

SACD アルゲリッチ(マルタ)「ショパン:ピアノ・ソナタ 第2番<<葬送行進曲付き>>
  /第3番アンダルテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ スケルツォ第2番」
  〈ESOTERIC〉

SACD 太田裕美「心が風邪をひいた日」

SACD 松田聖子「Touch Me, Seiko」

SACD ロイヤル・バレエ・ガラ
 エルネスト・アンセルメ指揮 コヴェントガーデン王立歌劇場管弦楽団
 

SACD ストラヴィンスキー:バレエ「ペトルーシュカ」
 エルネスト・アンセルメ指揮 スイス・ロマンド管弦楽団

SACD ドヴォルザーク:交響曲第九番「新世界より」
 イシュトヴァン・ケルテス指揮 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 

SACD ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」
 サー・ゲオルグ・ショルティ指揮 シカゴ交響楽団
| gicorin | ソフト | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) |
2017年12月のLP
昨年の12月の話です。
LPでこの6タイトルを入手しました。

1.チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調作品74「悲愴」
  テオドール・クルレンツィス指揮ムジカエテルナ
 symph6
 これはCDも発売されていますが、あえてLPで購入しました。
 今までもクルレンツィスのモーツアルトのオペラ3部作もLPで購入してきましたので
 その方針を堅持。
 ハイレゾ音源のダウンロードも可能らしいですが、今しか買えない物理フォーマット
 ということで。
 
2.バルトーク管弦楽のための協奏曲:フリッツ・ライナー指揮&シカゴ交響楽団
 Limited Edition
200g Vinyl 33 1/3rpm
Pressed at Quality Record Pressings
Plated by Gary Salstrom
Mastered by Ryan Smith at Sterling Sound
Mastered from Original Session Tapes
 bartok
 これは、今までシリーズで発売されてきたAnalogue Productionの200g重量盤。
 最初のシリーズで買いそびれていたものが、たまたまネットショップに残っていたため
 ラッキーということで購入。
 実はまだ聞けていません。

3.ビゼー「アルルの女」 第1組曲、第2組曲、他:
  ジャン・モレル指揮&コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
 これから下3枚は、同じくAnalogu Production 200g重量盤の最新発売のもの。
 bizet
 
4.シベリウス交響曲第5番、カレリア:
  アレクサンダー・ギブソン指揮&ロンドン交響楽団
 sibelius

5.アルベニス イベリア全曲、ラヴェル スペイン狂詩曲:
  ジャン・モレル指揮&パリ音楽院管弦楽団
 alneniz

6.Piano Songs -Edited for LP
  岩崎宏美 、 国府弘子
  A面 1.GYPSY BAROQUE〜聖母たちのララバイ
     2.大切な人
     3.すみれ色の涙 (New Mix Version)
     4.思秋期
  B面 1.スカボロー・フェア
     2.洋楽メドレー〜(They Long To Be)Close To You〜My Love〜Baby Love
     3.アヴェ・マリア
     4.時の過ぎゆくままに (New Mix Version)
iwasakih
  このLPは2017年秋に新譜で発売されたもの。
  CDでは2016年に発売されていたもの。
  昨今のアナログブームに乗っかったものかもしれません。
  曲目はCDとは少し違っていますので、岩崎宏美ファンであれば、これも買うべきもの
  なのかと。
  ただ、一聴して、LPのアナログとしての音はあまりよくないです。
  私のシステムとの相性が良くないのかもしれませんが、高解像度で中音域の厚み、
  というところは、あまり感じなかったです。
  テイチクの音はよくないのかな。
| gicorin | ソフト | 15:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ドーハにて
今、カタールはドーハに仕事で来ています。
dohanight

AVやオーディオに関することは少しだけ。
自分のPC、そして昔Stereoの雑誌の付録で制作したScanpeakユニットを使った
スピーカーとこれもまた雑誌Digifiの付録だったUSB DAC+アンプを写真のように
つなげてホテルの部屋の机に置いて聞いています。
desktopdoha

机に直接スピーカーを置いたのでは低すぎるので、部屋に置いてあった食器
(スープボール)を逆さにおいて、スピーカーを載せて使っています。
食事でこれを使うときは音楽聞けませんが(笑)
USBケーブルは雑誌HiViに付録されていた、Wireworldの25僂離院璽屮襦
意外とこれらを使っていると音がいいんですよね。
部屋は日本のホテルと違い、硬い壁と広い部屋(12畳くらい)あるので、
よく響きます。
残響はそんなに長くないのですが、小さいボリュームでも音がよく通ります。

これを使って聞いているのはネットラジオや日本で録音してきていた音源が
中心です。
長い一人の時間ですの、のんびり聞いています。


ドバイの町はまさに建設ラッシュ。2022年のワールドカップに向けて中心地
だけでなく郊外まで建設だらけ。
そんな中、ドバイの中心のCity Centerのモールに行ってきました。
citycenter

食事したのですが、ここは紹介されておいしかったところです。
お店はNando'sというお店。
nandosdoha
nadosplate
二人分の写真ですが、チキンを焼いて味付け。
日本にはお店はありませんが、世界中にお店があります。
日本ではとリン行くといえば焼き鳥とから揚げだから、なじまないのでしょうか。
でも、日本にできたらまた行ってみたいところです。



また郊外ではMall of Qatarにも行く機会があありましたので、写真だけでも貼っておきます。
mallofqatar
砂漠で周りに何もないところにこんな大規模なモールを作っています。
平日の昼間は人もまばらでしたが、週末は混むのかな。
mallofqatar1


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村



| gicorin | ひとりごと | 20:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
すでに入手していたLP その2
こちらはオークションなどから入手したLPです。

1.R.Strauss オーボエ協奏曲、ホルン協奏曲第2番
 独奏はロータ・コッホ(オーボエ)、ノルベルト・ハウプトマン(ホルン)
straussoboekonzer
こちらは盤質もそこそこよかったです。


2.R.Strauss 死と変容、4つの最後の歌(ソプラノ:グンドラ・ヤノヴィッツ)
straussdeathandtrans
こちらはA面、すこし周回傷ありでした。残念。


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村


| gicorin | ソフト | 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
すでに入手していたLP
LPを購入していましたが、やっとアップできました。
Living Stereo復刻版、Analogu Productionsから発売です。

1.交響曲第2番(ボロディン)、スペイン奇想曲(コルサコフ):マルティノン指揮&ロンドン交響楽団
livingstereoborodinsym

2.ファサード組曲、他:フィストゥラーリ指揮&ロイヤル・オペラ・ハウス管弦楽団
livingstereofacade1

3.バレエ音楽 ヴェルディ:「アイーダ」他 フィストゥラーリ指揮&パリ音楽院管弦楽団
livingstereoballetmusic

いずれも200g重量盤になります。
今、まさに聞きながら書いていますが、音、いいですね。
ところでAnalogu ProductionsのLiving Stereo復刻盤、第2弾はたしか16枚でした(発表されたときは)。これで次回の発売のアナウンスもあるようですが、これで完了かな??


にほんブログ村 音楽ブログ レコードへにほんブログ村
にほんブログ村 クラシックブログ クラシックCD鑑賞へにほんブログ村
| gicorin | ソフト | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) |